FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パット・メセニーの音楽





最近フュージョンばかりの記事だが、まあいいか。


パット・メセニー


およそ今世界中にいるあらゆるミュージシャンの最高峰に位置する天才。

彼の音楽について取り上げる。

皆が口を揃えて言う。
「彼の曲ほど強烈に情景が思い浮かぶ音楽は知らない」

そう。どの曲も強烈にリスナーに印象づけるのだ。
これでもかというほど、心象風景を突きつけてくる。
もうこれは突きつけてくると言い切ってしまおう。


例えば人気曲「Are You Going With Me?」

これなんかは切ない部類。
キューンと胸が締め付けられるような青春の甘酸っぱい恋。
天気は雨か曇りだろうか。
すれ違いの多い、喧嘩の絶えない恋人たちが、あるときふっと寄り添う、みたいな妄想(笑)

最初聴いたときはエフェクター?をかけまくったギターの音色が汚く聴こえてあんまり馴染めなかったけど、じわじわじわじわ気に入ってきた。

まあそんな心にダイレクトに響く音楽が真骨頂。

しかも、さっきはフュージョンと書いたが実はパット・メセニーはジャンルレスなのだ。
レコード店ではジャズ・フュージョンのコーナーに置かれることが多く、共演しているミュージシャンもジャズ系が多いだけで便宜的にそうしているだけだ。

あえていうならそれは「パット・メセニーの音楽」であり~系統というようにカテゴライズできない真のオリジナル・ミュージックだ。

そのあまりに強烈な突きつけてくる音楽に、高校生のころの僕は反発した。
そんなセンチメンタルになれねーよとか、そんな壮大にやられても困る、みたいな感じ。

ただ今はその音楽にそっと耳を傾けてもいいかなと思えるようになった。
自分も成長したのだろう(笑)

まだ聴いたことない人はまず一度聴いて、気に入らなければまた一年後に聴いてみてください。
必ず心に沁みる時期がきます。



スティル・ライフ

パット・メセニー・グループ(PMG)の中でも随一と推す人も多い傑作盤。
いわゆる「南半球志向」が明確になった大ヒット作(ジャケット見れば、ね)
初めの「Minuano」からドラマチックに盛り上がり、世界を大きく大きく広げる。
そして名曲「Last Train Home」である。この一曲だけでメセニーのファンになった人がいるくらい。
たまらない哀愁のサウンド。
PMG初めての方はこちらから聴いてみるのがお勧め。僕もそうでした。




シークレット・ストーリー

メセニーのイマジネーションを全開にして完成させた長大音楽絵巻。
オーケストラを効果的に使い、切なさをちょっぴり荘厳にしてみたり、民族的音楽を取り入れて明るかったり、非
常にバリエーションの富んだ表現を可能にしてみせた。
映画音楽っぽいといえばそうなのだが、やはりメセニー特有の毒というかクセのある曲調を織り交ぜている。
正直、わかりやすくて明快な曲もあれば、壮大な世界観で圧倒されてしまうものまで様々で最初は戸惑うかも。
途中でスキップせず、何回も繰り返し、じっくり聴いてみてください。
全14曲どこから聴いてもどう聴いても何十回何百回楽しめる奥深い仕上がりになっています。





スポンサーサイト
 
プロフィール

yudai

Author:yudai
80年代に生まれた洋楽好きです。父は音楽フリークでその影響が多大。ジャズ、フュージョンがメインで、最近はAOR、ロックやポップスもちょくちょく聴きます。特に70年代から活躍しているアーティストたちはかなり追っかけて聴いています。
よく聴くアーティスト:
Pat Metheny
Chik Corea
Bob James
fourplay
Art Blakey Jazz Messengers
Weather Report
Joe Sample
Crusaders
Spyro Gyra
David Benoit
Miles Davis
Bill Evans
Acoustic Alchemy
Tower Of Power
Swing out sister
Workshy
Allman brothers Band
quasimode
T-SQUARE


Twitterは【yudai0516】
リアルタイムで聴いている音楽の他に、適当な思索をつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。