FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「モザイク」

やっぱり音楽は爽快、軽快、豪快・・・快いのが一番!
と感じたくなるアルバムがこれ。

再びジャズ・メッセンジャーズより。





モザイク

モザイク
(2009/06/10)
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ



まずどうです?ジャケットが最高にかっこいいですよね!
最近のタワレコ渋谷店のジャズフロアでも大きく壁にかけてあります。

もうジャケ買い必至です。

そして中身ですが。
シダー・ウォルトン、この人の名前を聞いたのはこれが初めてでした。
渋いピアニストなのか?

名盤「チュニジアの夜」を聴いた後だったので、やはり冒頭のタイトル曲「モザイク」はハマりました。
こういう弾ける豪快な曲大好き。

でも、「こういう」って中にも何か「チュニジア」とは違う雰囲気?を感じました。
それが、いわゆる「モード」と呼ばれる感じだったらしいのです。

で、なんでもそのシダー・ウォルトンが作曲したとか。
ほうほう。

なんかオシャレ感というかいい意味で型がしっかりしている曲想。。

僕はもともとキャッチーな音楽(フュージョンやAOR)から入ってきたので、
ファンキー路線よりそっちのほうが好きみたいです。
以降、メッセンジャーズでは特にこのシダー・ウォルトンはお気に入りです。

ちなみにジャズ好きな小説家の村上春樹さんもこの人が現役ピアニストでは一番好きらしいです。


3曲目のウェイン・ショーター作「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」も傑作。
ショーターのサックスがここでも変態っぷり?を発揮。聴きどころです。
どこかに連れて行かれそうな、先が分からない、ちょうど子供の寂しさ?のようなものを感じます。

最後のフレディ・ハバード作「クライシス」も面白い。
最初は、単純なテーマで退屈だなあと感じましたが、徐々にハマりました。
なんか引き込まれる不思議な魔力を感じる曲です。


僕は「チュニジア」「モザイク」、この2枚で、完璧にジャズの世界にハマりました。
そこからマイルスみたいにちょっとクールな、渋い曲も聴けるようになっていき、徐々に徐々に守備範囲を広げつつあります。
本当に好みって年によって変わるんですね。

今、まさに「ジャズ人生」を謳歌しています。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

 
プロフィール

yudai

Author:yudai
80年代に生まれた洋楽好きです。父は音楽フリークでその影響が多大。ジャズ、フュージョンがメインで、最近はAOR、ロックやポップスもちょくちょく聴きます。特に70年代から活躍しているアーティストたちはかなり追っかけて聴いています。
よく聴くアーティスト:
Pat Metheny
Chik Corea
Bob James
fourplay
Art Blakey Jazz Messengers
Weather Report
Joe Sample
Crusaders
Spyro Gyra
David Benoit
Miles Davis
Bill Evans
Acoustic Alchemy
Tower Of Power
Swing out sister
Workshy
Allman brothers Band
quasimode
T-SQUARE


Twitterは【yudai0516】
リアルタイムで聴いている音楽の他に、適当な思索をつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。